#28 またもやトラブル発生です。

画像

こんにちは。
今日のスタートは「N」のレイアウト写真からです。
先日、工務店の御好意から、建築途中のお家の見学をさせていただくこととなり、我がグレムリン達は邪魔だということで、私の実家に預けることになりました。
時間も押し迫っている中で、
「電車で遊ぶ~❤」
って息子が言い出したため、急いでレールを出したわけですが、やはりここまでレールを広げるのは1時間ほどかかり大変でした(T_T)
しかもエアコンのあるリビングではテーブルなどの家具があることから、レールを広げるスペースが足りず隣の和室での展開になります。
この日は土砂降りだった雨がちょうどやんで、日が差し始めたこともあって非常にムシムシしており、レールを広げる作業だけで汗びっしょり。
お出かけはこれからなんですがねェ(-_-メ)
ちなみに、上の写真の右端にちょっとだけ写っている「足」は我がグレムリンの足です。
画像

以前にもお話したかもしれませんが、ここのところ「HO」をいじってばかりのため、「N」のレールをフルで広げるのは、実に7~8か月ぶりになります(たぶんね)。
ここまで広げるのは、最初は楽しいんですが、組み立ても終盤に差し掛かると「現実」に戻ってしまい、後の片づけの手間を考えてしまいます。
自分なりに試行錯誤したレイアウトで思い入れは強いのですが、そこだけがネックになってます。
画像

走りの方ですが、やはりギクシャクしてました。
アパートから集結させた列車の中から「お掃除列車」に登場してもらったわけですが、不覚にもクリーナー液を忘れてしまい泣く泣く「乾式ディスク」を選択することに。

「乾式ディスク使用」=「ヤスリでレールを削る」ってことで、削るとなるとその後汚れが溜まりやすくなったり良いことがなさそうなのでできれば使いたくなかったモノです。
しかも、ここにきて「N」車両の不具合を数点発見してしまいました。
画像

「どこが違う?」的な写真です。ピンボケですが…。
よく見ると、手すりがバランスよく破損しています(T_T)

後で気づいたのですが、「ミュージアム(?)」の回に掲載したDD51の写真からすでに破損してますねェ(^^ゞ
おそらく、だいぶ前に転落した時に軽くバラバラになったと同時に、手すりも破損したのだと想像しますが、あまりに綺麗に破損したので気づかずに今日まで箱の中で眠っていたのだと思います。
HO共々悲惨な運命です。

その他にも、車掌車の丸いハンドル(?)が取れていたりと、知らない間に「N」達もダメージを受けていました。
修理をどうしようか考える暇もなく工務店での用事を済ませるべく実家を後にしたのですが、ボロボロになっていく「N」に対してモヤモヤしながらその日を過ごしました。
以前に破損を発見した気動車のカプラーも放置状態です(^^ゞ

話はガラリと変わり、先日健康診断の再検である「大腸内視鏡」なるのものを受けてきました。
健康診断で「便鮮血」と言われたヤツです。
大腸内視鏡検査っていうのは、検査前に大腸内に溜まっている排せつ物を取り除くための塩味下剤ジュース(?)を数時間かけて飲み、排泄を繰り返し大腸内を空っぽにしたところで、お尻の穴から内視鏡っていうミミズのようなカメラを突っ込まれる検査のことです。
先週の更新が金曜日だったのはコイツのおかげです。
大腸内視鏡検査はほぼ1日がかりの検査なので、仕事の方は1日お休みをもらい、次の日の土曜日は出勤だったため急きょ更新日を変更させていただきました。

実は2年前にも大腸内視鏡をやった経験があります。
あからさまに病院名は言えないので「S病院」とします。
最初は麻酔無しで予約していたのですが後になって不安になったこともあり、直前になって「やっぱり麻酔できますか?」ってお願いし、「できますよ」って良心的な回答が返ってきました。
安心してたのですがなぜか麻酔なしで内視鏡を突っ込まれたりと(医療ミスじゃあ~)、苦い経験があったのでドキドキしてました(さすがに今回は別の病院を選びましたが)。
画像

                     (↑内視鏡の写真です)
さらにその前にもちょっとしたトラブルがありました。
内視鏡検査をやってくれるS病院へ行くには「紹介状」が必要なことから、実家のある町医者のK病院にかかりました。事情を説明したのですが、そこでなぜか胃の内視鏡をやらされました。
「便鮮血は「胃」からきてる可能性もある」、ってことらしいのですが胃カメラを口に入れるときに、
「目を開けちゃダメ!」
って激しく怒られ、「おめーらやましいことやってないか?」思わずとツッコミをいれたくなりました。

そのあと、再度「S病院へ行く紹介状が欲しいんだけど…」
って説明すると、
「あ、そういうことですか~」
どうゆうことやねん!
昔「パタリロ」ってマンガでそういった医者を「土手医者」って呼んでいましたが、正にそれです(ヤブにもならん)。

そんなこんなでようやく紹介状を書いてもらう段階になり、
「内視鏡科の予約をお願いしたので、当日S病院へ行くときは朝食を採らないでください」
と言われ、朝食抜きでS病院へ行けば、内視鏡検査の予約だけでその日は帰らされたりと散々でした。

大きな病院に掛かる経験が無いため、システムが良く理解できていなかったのが反省点であります。
今思い出すと間抜けな出来事ですが…。

というわけで、ドタバタの2年前の経験があって、今回便鮮血の検査結果が出た時には、
「ハァ~…」って心境になってしまったのは言うまでもありません。
みなさんも健康には気を付けていただきたいと思います。

肝心の検査の方ですが、内視鏡で診てもらった結果「綺麗な大腸ですね」って褒めてもらいました(なんのこっちゃ?)。
挙句の果てには「なんで便鮮血が出たのかわかりませんねー」たそうでちょっと不可解です。
ちなみに肝機能も尿酸値も再検をやったのですが、正常数値だったので一体何だったのか不思議です。
後になって最初に健康診断をやった病院がS病院だったのを思い出し納得しましたが…。

いずれにしても病気は見当たらない結果に終わり一安心です(^^ゞ
画像

今週はだいぶお話が脱線いたしましたので、そろそろコレクションケースの進捗です。
「またもやトラブル発生です。」
のタイトル通り、ここでも問題発生です。
1週間前に電子パーツ屋さんにて、LEDチップ(5個入り)等を購入してきました。
画像


今週はそのLEDチップに導線をハンダ付する作業です。
上の写真を見てもらうと分かりますが、長さが3mm程度しかありません。
画像


ハンダ付する時に、ホントは両面テープでLEDチップを固定するのが良いとされていたのですが、そんな気の利いたものが無いためセロハンテープで代用しました。

画像


写真のようなパーツを3つほど作成したところで、点灯の確認をしたところ一向にLEDが点灯しません。
試しにハンダ付する前のLEDチップに通電させると点灯します。

破損を恐れて、LEDチップにハンダゴテをあてる時間を極力短くしたつもりだったのですが、どうやらそれでも熱に耐えられず壊れてしまったようです(T_T)。

以前紹介した「ジオラマ」にも同じような工作をしました。
その時は、時間的に今回以上にLEDチップにハンダゴテを押し当てていたのですが、ハンダ付作業で壊れたLEDは1個もありませんでした。
しかも今回より小さなLEDチップです。

そういうことで、LEDチップの選定が不味かったという反省をし作業終了です。
今週は結果的に進捗はありません。ごめんなさ~いm(__)m
来週までに新たなLEDチップを購入するか、2つ残ったLEDチップをハンダ付するか、はたまた駅舎内の照明を組み込む作業をすることになると思いますが、テンションダウンしているため他の作業をするかもです(^^ゞ

工作が失敗したから大腸検査ネタでごまかしてんじゃねーかって批判が来ないか心配しつつ…、また来週。

2013年9月21日 AM3:39

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック