#306 オタクとの境目を考えてみる。

画像

こんにちは。
ここのところ、週末スキーでトラス橋工事が進まずです。
先週のスキーで、グレムリンAがグローブを片方失くしてしまい、今度の土曜日に行われる、「会社組合スキーツアー」に向けて、グローブを新調しなくてはならず、今週も工事が進行しません(T_T)

そんな今回は、前回の記事内でありました「オタク」を考えてみたいと思います。
私なりに、この行動はオタクではないラインを分析です。
ですが、独断と偏見の世界になります。
気分が悪くなるようでしたら、途中で閲覧を中止してしてくださいね~。

そんな訳で、上の写真は今回のお話とは全く関係ありません(^^ゞ
まず、つかみの写真なのであしからず。

それでは、先週話題にしましたが、分かりやすく私を基準にしてみましょう。
私は、HO鉄道模型をいじくってるおっさんです。

レールをロフトに広げ、走りまわしているのは知り合いの奥様からするとオタクに映るようです。
恐らく、世間から見たら私は「オタク」と位置付けられるのでしょう。
(私はそんなつもりは全くないんですが)

この私のレベルをどこまで下げたらオタクの評価をされなくなるでしょうか?
ちょっと考えてみます。

私は、それなりに車輛をたくさん所有してます(そうでもないと思うことがありますが)。
この数を減らしたら、オタクと呼ばれなくなるでしょう。

先日購入した「天賞堂製C58」はまず外せないので、それは廃棄する候補から外します(いやいや捨てないですけどね)。
SLなんかは、飾っておいたら「絵」になりそうなので、そう言った意味からですと、「SLのみ持っている」の場合はオタクから除外されそうですね。
そんな意味からもC58は外せません。

ですが、逆に我々オタクからしてみると、そんなSL1個持ってただけでは満足いく訳でもなく、他の車輛をいかに効率よく集め、さらにご婦人からの降り注ぐ「あなたオタクでしょ~目線」から逃れることができるかが、重要なポイントになってきそうです。
しかしながら、たくさん持っていると言うことは、間違いなくオタクが見え隠れしますから、あまりたくさん持つのはオタクから逃れるためにはNGでしょう。

機関車と言えば、EF510あたりは良いかもしれません。
EF65では、「昔の車輛を集めるマニア」になってしまい、そこからオタクに派生しそうです。
要するに、鉄道の事を知らない「一般人」の方々でも、知名度の高い車両なら「良さげ」という結論です。

もちろん「客車」、「気動車」、「電車」はNGですね。
オタクになってしまいます。

「客車」はSLと連結させ、飾っておくのはギリギリセーフかもしれません。
この時、1両だけ連結させるくらいが「置物化」しそうです。
機関車も含め、所有する車両の数は、せいぜい2両が限界と言ったところだと考えます。

「新幹線」ではどうでしょう。
先頭車両だけ飾っているのを想像しますと、車輛の知名度があっても、逆にオタクに見られそうです。
私の感覚では、新幹線は新旧どの車両を飾っていても「オタク」とみられる気がします。

次に、レールはどうでしょうか?
私の考えでは、周回できるほどのレールがあっては「オタク」と位置付けられそうな気がします。
ポイントレールは持ってのほか。
曲線レールもNG。

300mm位の直線レール1~2本までがセーフ!!
あくまで車両を飾っておくための「道路」や「台」と言う考えからです。

KATOのユニトラックはちょっと避けたいですね。
ジョイント部分が露出してますと、
「え?まだレールがつなげられるの?レールたくさん持ってるの?」
って目線から、オタクへと流れ込みそうです。
したがって、道床無しのシノハラかPECOといったフレキシブル直線レール(300mm位まで)ということです。
ただし、ジョイントは外しておくのがミソです。

そういうことで、私の見解は
「SL1両他、近代的機関車1両、新幹線以外の知名度の高い車輛」範囲のせいぜい2輌位を道床無しの直線フレキシブルレールの上で飾る、って言う所までは「オタク」にはならない!!
ってトコロでしょうか?

年齢的にはどうでしょうか?
私のようなおっさんよりも、年齢が低い方が「オタク」となりそうですね。

おっさんになればなるほど、「趣味化」しそうな気がします。
定年を過ぎたオジサマになると、さすがにオタクとは見られず、優雅な趣味と化しそうです。

そんな訳で、私の見解は、
40代まではオタクに見られる!!
です(^o^)丿

鉄道オタクと言えば、「撮り鉄」っていますよね。
これも、明確な境界線が有りそうです。

駅のホームで電車の写真をたくさん撮っている人は、「オタク」とみられる傾向があります。
有名撮影スポットで三脚を構えてるのも「オタク」っぽい気がします。

ですが、線路脇で撮影しても、被写体が「電車のみ」って言うのがNGで、「手前にお花畑がある」とか、「子連れの親子が脇で手を振っている」と言った、主役が2つ以上ある写真を撮影しているのは、写真家となりオタクとは外れそうです。

ですので、周辺に何もなく、写真としてアウトプットされた後、明らかに「電車のみ」の写真になりそうな場所での撮影をしている人は「オタク」とみられるでしょう(ややこしいですか)。
お花畑や子ども達がいっぱいいる中、電車が走り去る場所で写真を撮る人は「写真家」と言うことになります。

後は、子持ちのオッサンは「子供に買い与えている」にしてしまえば、オタクから回避できますね。
そういうことにしてしまえば、車輛も買い放題ですが、本気でガキにいじられるのはイケません。
キビシイ管理が必要です。

私はこれにあたるのですが、管理を厳しくしたので、子供たちがいじれず「オタク」になってしまいました(^^ゞ
バランスが大事です。

それから、これが結構大事で私もそうあるべきだと思うのですが、「多趣味」にするとオタクから回避できそうな気がします。
極力いろんなスポーツをやると言うのは、ポイントがさらに高くなり、オタクから回避できると言うより、「色が薄くなる」感じになる気がします。

何でもそうですが、「それだけやってる」のがオタク条件の大きな1つの要因で、たくさんの趣味の中の1つにしてしまえば、なんとなくオタクとみられなくなると思います。

最後にこれは究極と言うより、そういう人間になりたいと思う事が多々あるのですが、「オタクと言われても気にしない」でしょうか?

偉そうに言っても、所詮は人間が小っちゃいんだよな~、って思いつつ…、また来週。

2016年1月31日 AM8:00

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 17

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2016年01月31日 11:00
やっちゃんさん、こんにちは。
趣味の世界は、判る人にしか判らないものなのだと思いますよ。
自分が楽しめて、少しでも判ってくれる方がいれば、それで十分だと思います。
折角始めた趣味なので、長く楽しむことが一番だと思いますよ。
今後とも、よろしくお願いします。
2016年01月31日 11:20
みのっちゃんさん、コメントありがとうございます。
おっしゃる通りです。
そうなんですよね。
私は、この記事を通して同じ趣味を持つ仲間がいて、その方たちの意見を聞ける環境を手に入れる事が出来たのがすごく良かったと思ってます。
長く楽しむ。
長く楽しめる趣味ですよね~(^o^)丿
こちらこそありがとうございます。
2016年01月31日 13:05
こんにちは。
オタクとの境目に関する「論文」、とても興味深く読まさせて頂きました。するどい視点と機関車、客車、新幹線、レールそれぞれについて境界線を考察され、文章の展開、構成が素晴らしいと思います。(偉そうなこと言っていますが…)
海外、特にアメリカやヨーロッパ諸国では「鉄道模型」は大人のホビーとして広く認知されているようですね。鉄道模型の運転会に家族で参加することも珍しくないそうです。
さて日本はと言うと、模型に限らず鉄道全般においてどうしてもネガティブな風潮が依然として残っています。なぜなのでしょうか。
一生続けられる素敵な趣味なのですが、やはり日本の文化、風潮がそうさせるのでしょうか。
コメント長くなりました。
2016年01月31日 13:08
こんにちは。

いや~これはもう素晴らしい趣味ですね。
オタクというのかはどうかわかりませんが、
家にこれだけのものがあると立派です。
私は映画オタクですけどね。
スターウォーズオタクでもあります。
2016年01月31日 17:39
トラッキーさん、コメントありがとうございます。
って言うか、ちょっと褒めすぎではないですか~(^^ゞ
いや、しかし感想を述べていただくとうれしいものですね。
ちょっとこじつけっぽいところもあろうかと思いますが、トラス橋作成遅延の穴埋めに暇ヒマ記事作成してました。
そんな記事作っている暇が有ったら、工事したらいいんですがね~(;一_一)
2016年01月31日 17:42
トトパパさん、今日は遅いコメントですね~。
そうですよ!
トトパパさんこそオタクです!!
映画オタクと言えばあなたしかいません(^O^)
いょ!スターウオーズオタク!!!
2016年01月31日 22:00
やっちゃん、こんばんは、、いつもポチッとありがとう!
やっちゃんは、いろいろと工作が得意ですよね、、その時点で立派なオタクだと思いますよ、、。
また、HOってだけでもオタクと思われるでしょうね、、。
Nゲージで遊ぶときだけOの形の小さな円で、レールを箱から出してきて遊び、、終われば片付ける、、この程度がオタクと呼ばれない限界じゃないでしょうか、、。
2016年02月01日 05:17
OTSUKYON さん、コメントありがとうございます。
お~っと。
いきなりえぐられましたね~。
そうですよね。
いろんなものをせっせと作っている時点でオタクです(^o^)丿
前は、記事内にある通り、「子供のため」も含めてという精神もあり、ギリセーフな所もあったんですが、ここのところはそんなことも無くなり、どっぷりオタクです(^^ゞ
おっしゃる通り、さっと出して、サッと片づけられる程度じゃあ「オタク」ではないかもしてませんねぇ。
…私には無理っぽいです(^o^)丿

この記事へのトラックバック