#382 思わぬ展開になってしまいました(T_T)

画像

こんにちは。
先週、閉塞信号機購入を報告いたしました。
ここのところHOに対して下がり気味だったテンションも急上昇し、意気揚々といったところですね。

久々にグレムリンAのテンションも上がってきたので、信号機キットを組み立てる前に、上の様なものを作り信号機の完成に向けてハイペースになってきた訳ですが…。
画像

電子パーツを上の様にハンダ付けしたところで、1個目のキットが完成したわけですが、説明書内の指示でいったん完成したこのキットの動作テストとなります

付属の赤色LEDとリード線、それからコネクタを組み合わせ、簡単な通電テスターを作成。
指示されたキット内のコネクターに差し込むことで、LEDが点灯するはずが、一向に点灯しません(;一_一)
画像

「LEDが点灯しない場合はハンダ付け不良の可能性があります」って説明書に書かれてありますが、そこまで素人ではないぞ、って勝手に思います。

説明書には「ハンダ付部は富士山型になるのがよい」と書かれてます。
…フジサンガタぁ~?
よーわからん。
せめて良い例、悪い例の写真が欲しくないかい?
そう思いつつ、もう1回一通りハンダ付けをやり直します。

気になるのが、ヒートシンクって言う部品をハンダ付けする際に、ハンダゴテの熱がその部品に奪われてしまうので、「60Wのハンダゴテを使ってください」とあるところです。

手持ちのハンダゴテは40W。
う~ん…、これが原因か…?

ここに来て60Wのハンダゴテを買うなんざ、ますます小遣いが減ってゆきます。
思案の結果、実物の写真付きで購入先にメールをします。

翌日返事が返ってきました。
「ハンダ付けが怪しいところがありますので、ハンダ付けをやり直していただき、テスターでマイコンの…云々かんぬん」

テスターも欲しいんかい!!
いや、いずれは欲しいと思っていましたが、とりあえずこのタイミングでは買えません。

「仕方ない、いったん返品だ。」
納入されてきたダンボール箱にキット一式を詰め詰め、クロネコヤマトへ。
650円程の宅配料を払い、再度購入先にメールです。

「機械音痴なもので、原因が分かりません。現物を確認していただけないでしょうか?」
こんな内容で送信し、とりあえず幕を引くことになりました(T_T)

何が悪い?やっぱオレか?いやキットだろ、って勝手に思いつつ…、また来週。

2016年9月18日 AM6:07

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 15

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

たつぼー
2016年09月18日 10:05
やっちゃんさん、おはようございます(^^)

綺麗な仕上がりの信号機が最初に見えて『おぉ~!』と思いました!
ハシゴ部分はどうやって制作されたのか伝授して欲しいです。

さて基盤、大変でしたね!
無事に点灯すれば嬉しさ倍増するのに、うんともすんとも言わないとお手上げ状態!お気持ちを察しましたので書き込みしました。

ハンダ付けの『富士山型』とは基盤と電線をハンダ付けする際、富士山のような形になる事を言います。
基盤の裏の写真で言いますと親指の上の縦3個が富士山型となりますね(^^)
この富士山型になると電線と基盤がしっかり通電されるようになります。ハンダの表面はなめらかになり電線の飛び出た部分が噴火口あたりになります。

逆に悪いハンダ付けはイモハンダ、目玉ハンダがあります。
ある程度、ハンダ付けした事がある人は目玉ハンダは作りませんがイモハンダは経験者でもあり得ます。
イモハンダはハンダ付けする際の熱不足によりできます。
イモハンダは水滴みたいな形になります。
基盤の写真で言いますと右側の3個から出ている太い線の終点の1個が怪しいです。

確かにテスターは高いし、そんなに多く使う事もない物ですが、こんな時は便利ですし線路の通電確認やLEDの通電確認にも便利なのでお持ちする事をお勧めします。

なんて私もハンダ付けやLED配線のベテランではなく偉そうな事を書き込みしましたが、お気持ちが理解できるのでご理解頂けましたら幸いです。

基盤が帰って来て無事に制作が進む事を祈ってます。頑張ってくださいね!(^^)
2016年09月18日 10:15
こんにちは。

LEDが点灯しないんですか。
あらら。
返品されたんですね。
こういうこともあるんですね。
面倒くさいですね。。。
2016年09月18日 11:10
こんにちは。長文、失礼します。
折角ハンダ付けして期待いっぱい、ワクワクしながら動作試験して、点灯しない…ガッカリされますよね。一気にテンションが下がります。
既に他の方のコメントにも書かれており、重複しますが、ご参考にコメントしますね。
富士山型とは、富士山の裾の稜線のように基板になだらかな角度でハンダが流れていることを指します。逆にパズルゲームの「ぷよぷよ」のように裾が基板に入り込んでいたり、急な角度でハンダが流れている場合、接触不良を起こしやすくなります。

原因として、
①基板上のハンダが流れる部分(ランドと呼びます)または部品のリードの酸化。
②やっちゃんさんも書かれている通り、ハンダゴテの容量不足。
が挙げられます。
①の対策として、ランド部やリードは素手で触らない。酸化が見られたら普通のプラスチック消しゴムで擦ると酸化膜を取ることができます。
②の対策として、容量の大きなハンダゴテを使うのがベストですが、ヒートシンク(放熱板)が付いている部品で一時的にヒートシンクが外せれば、先に部品だけハンダ付け後、ヒートシンクを元に戻す方法も考えられます。但し、部品破損のリスクもあります。

やっちゃんさんの使われているのは共晶ハンダでしょうか。それとも鉛フリーハンダでしょうか。
共晶ハンダと鉛フリーハンダとでは融点(ハンダが溶ける温度)が異なり、前者は約183℃、後者は約219℃です。
従って鉛フリーハンダを使われている場合は、母材に伝わり放熱しても、融点まで上げるハンダゴテが必要になっちゃいます。
修理に出されたことですので、無事に戻られると思いますが、今後、ハンダ付けを行なう際のご参考になれば幸いです。
長文、失礼しました。
2016年09月18日 12:19
たつぼーさん、コメントありがとうございます。
来週の記事のネタになるのですが、基板は無事修理返却されてきました。
って言うか、私の組み立てミスです。
いや、説明書がちょっと悪い気がしますが…。
いずれにしても、来週説明できるように記事を作成しますね。
ご質問にありました「信号機のハシゴ」ですが、私もちょっと頭をひねりました。
種明かしをしますと、プラダンを薄くスライスしたものです。
初めはどうやって作ろうか悩みましたが、ナイスアイディアと自画自賛してます。
たつぼーさんも、是非プラダンのハシゴ技を使ってください(^o^)丿
2016年09月18日 12:24
トトパパさん、コメントありがとうございます。
そうなんですゥ~。
めっちゃめんどくさいですわ~(T_T)
しかも650円払って返品なんざ、ヤラレタ感たっぷりです。
来週また記事にしますが、返品したキットは無事帰ってきました。
2016年09月18日 12:30
トラッキーさん、コメントありがとうございます。
トラッキーさんは何でも知っておられますよね~。
「尊敬のまなざし」です。
ハンダ一つをとっても、どんなタイプか全く意識してませんでした。
現物確認しましたが、「すず60%」以外は種類らしきものは書かれてませんでした(^^ゞ
来週の記事で報告しますが、キットは無事返却され、信号機作成も再開しております(^o^)丿

この記事へのトラックバック