#384 信号機キットは無事帰ってきました。

画像

こんにちは。
先週報告した、信号機キットの不具合についてですが、結論から申しますと私の組み立てミスでした(^^ゞ
上の写真にあります「ヒートシンク」って部品に「三端子レギュレータ」がネジで止まってるのが分かりますが、この三端子レギュレータが逆向きでハンダ付けしてしまっていてたというオチでした。
その結果、テスト用LEDが点灯しなかったわけですね。

まあ、説明書の取り付け済み写真が、三端子レギュレータがヒートシンク裏側に隠れてしまったものしかなく、三端子レギュレータの取り付け方向が分からなかったのが、原因だと思います。

とにもかくにも、これで正常に信号機が動くようになったはずなので、先週の続きを組み立てます。
画像

残りの子キット(?)を2つ組み立て、ハンダ付けした後、なんとなく信号機を作ってみました。
LEDの「足」が思いっきりはみ出してますが、そこは後から考えましょう。

そういえば、先週の記事内で信号機支柱にくっついている「ハシゴ」について、どうやって作っているの?っていう問い合わせがございました。

正直私もこのハシゴをどうやって作ろうか、かなり頭をひねり、なにか「網状」のモノが無いか100円ショップに行ったり、ホームセンターに行ったりしてましたが、偶然にも「プラダン」の断面がハシゴ状になっているのを発見し、信号機に取り入れることにした次第です。

我ながらナイスアイデアで、プラダンをスライスした時に、厚みが偏ったり反ってしまったりすることに気を付ければ、これ以上の材料はないと思います。

この記事をご覧になっている方々も、このアイデアを採用していただけたら幸いでごんすm(__)m

さて、信号機作成も再稼働いたしました。
また山場が訪れたりしないかドキドキしつつ…、また来週。

2016年9月25日 AM6:39

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 21

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

たつぼー
2016年09月25日 10:24
やっちゃんさん、おはようございます(^^)

イモムシ・・・困りましたね!
我が家はマンションの3階ですから植物による虫の影響は少ないのですが鳥問題に悩まされます!
ミニトマトを栽培した時は大変でした(-.-)

基盤、直って無事に点灯したご様子。何よりでした(^^)
レギュレーターの向きがあったのですね!
説明書にしっかり記載してほしいですね!

ダンプラからのはしご、マネさせて頂きますね(^^)
ナイスアイデアです!

鉄橋の制作を進めようかなぁと検討しているとやっちゃんさんの記事がヒットしました。
拝見してて思いましたが、ある程度の線路や車両が揃うと駅、踏切、鉄橋、トンネル、信号機とみんな同じ道を進むのだなぁと(^^)
Nでしたら既製品が簡単に入手できるのにHOですと簡単に手に入らない。
コストの事も考えると自作・・・みたいな!
先輩方の記事を参考に色々とマネさせて頂きますね(^^)
2016年09月25日 10:40
こんにちは。。

信号機、原因がわかってよかったですね。
ハシゴ、100円ショップで見つけたんですか。
こういう工夫がいいんですね。
それも楽しみのひとつですかね。
2016年09月25日 11:57
たつぼーさん、コメントありがとうございます。
鳥問題ですか!
私の家には「ブルーベリー」の木があり、実を付けたんですが、ヒヨにやられて困ってます。
美味しいのだけ食べてくんですよね。
しかも、追い返そうと家の中から網戸を開けて、その音で驚かすつもりが、ふてぶてしく食いまくりでした(T_T)
プラダンのアイデア良いでしょ~。
是非まねてくださいね~(^o^)丿
2016年09月25日 12:21
トトパパさん、コメントありがとうございます。
信号機は無事直りました(^_^)v
現在なんとか工事中でございます。
プラダンですが、会社のゴミから拝借しました。
ナイショですがね…(^^ゞ
2016年10月01日 11:50
こんにちは。
信号機キットの基板、無事に修理されて良かったですね。
またまたおせっかいなコメントしますがご了解くださいね。

三端子レギュレータは安定した電圧を出力する機能を持っています。このキットの基板では信号機のLEDを安定させて点灯させる電圧を供給する役割を持たせていると思います。

足(リード)が3本ありますが、出力が正(プラス)電圧の場合、型名の刻印が見える向きで左から1pin→2pin→3pinとなり、入力、GND、出力となります。

三端子レギュレータ自体の背中にも放熱板がついていると思います。
その理由として、三端子レギュレータは入力された電圧を必要な電圧に降下させる際、その電圧をすべて「熱として消費」させるためです。さらに放熱効果を上げるためには、ヒートシンクを付けます。つまり、三端子レギュレータ自体の背中についている放熱板とヒートシンクを密着させる必要があります。

ただし、三端子レギュレータの放熱板が出力ピンと繋がっている場合、ショートを防ぐためにヒートシンクとの間を絶縁させる必要があります。絶縁にはマイカ(雲母)やシリコンゴムが使われます。

電子回路も覚えていくとさまざまな応用が可能となり、オリジナルな回路を組むことができ、面白いですね。

以上、おせっかいなコメントでした。
2016年10月02日 07:36
トラッキーさん、コメントありがとうございます。
相変わらずめちゃくちゃ詳しいですね(^o^)丿
「なるほど!!」って読み入ってしまいました。
トラッキーさんは電気関係のお仕事をされてるんでしょうか?
いずれにしても、『尊敬のまなざし~』です!!
ありがとうございましたm(__)m
おせっかいなんて思ってませんよ!!

この記事へのトラックバック