#418 ミドリガメを拾いました。

画像

こんにちは。
タイトル通りの結果です。

あろうことかミドリガメを拾いました。
いや、「保護した」と言った方が合ってると思います。
画像

この位の大きさ。
梅吉さんよりはるかにデカいです(^o^)丿

この時かもしれませんが、初めて気づきました。
梅吉さんは、手で掴んでも手足、頭を甲羅内に引っ込めないんですね。
カメ特有の「防御」ですわ、これは。

でも梅吉さんは、果敢にイヤイヤしまくり、こんな姿を見せることはありません。
個体差なのか、クサガメだけに言える事なのか…。
画像

おケツの様子です。
シロウトの見立てではありますが、推定4~5歳のメス。

分かりづらいかと思いますが、かなり肌がボロボロです。
初めてミドリガメを手にしたこともあり、通常の健康状態は分かりませんが、元気がない様子、って気がします。
画像

我が家に持ち込むと、ヨメさんに死刑にされるので、実家の母上に頼み込んで飼ってもらうことに(めっちゃ迷惑な話ですわ)。
ご覧の様なタライを購入し、飼育することになりました。
画像

このミドリガメですが、ちょっとした奇形でして…。
右手の甲に6本目のツメが生えてるんです。

そんなところからも、「コイツ苦労してそうだな」って思ったりして、ほどなく愛着もわいてくる始末。
引っ込めた頭を、棒で突っつくと、「ハァーッ!!」って声をだし威嚇するトコロなんざ、かわいさも感じてしまう40半ばのおっさん。
いやいや、その前に2匹のグレムリンがいるではないか。
現実逃避はイカンのでは?
画像

そんなこんなで、水を張ったタライにミドリガメを投入。
ぷかぷか浮いて、心なしか気持ちよさげですな。
画像

ほどなくして甲羅干しを始める所なんざ、風格さえ感じてしまうトコロ。
なんて名前にしようか?

恐らくメスなので、女の子の名前が当然よろしいと思われますが…。
それは追々考えますか。

この拾ってきた「ミドリガメ」。
この後、ちょっと面倒なことに。

っと、もったい付けつつ…、また次回。

2017年6月3日 AM9:38

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2017年06月03日 11:44
こんにちは。

ミドリガメを拾ったんですか。
めっちゃデカイですね。
こんなに大きくなるんですね。
ミドリガメは菌が多いと聞きますが、大丈夫ですか。
2017年06月03日 13:01
トトパパさん、コメントありがとうございます。
デカいようで、言うほどデカくないんです。
甲長ですと18cmなので、コイツがメスだと倍近くには成長しますね。
保菌に関してですが、カメさんは結構みんな何かしら持ってるようですね。
言って見れば、カメだけでなく犬や猫、トカゲやイモリ…。
サルモネラ菌なんかはわりといろんな動物が持っているようで、ミドリガメだからと言う訳ではないようです(^o^)丿

この記事へのトラックバック