#421 カメさん捕獲作戦。

画像

こんにちは。
次第にカメブログへと中身が変わってきてます。
ホントにこれしかネタが無いのは、無趣味の証拠?
いやいや、カメ飼育はアクアリウムのようなモノ。
立派な趣味でゴザンス。

とある方のブログを拝見して、実践してみました。
上の写真がそうですが、歯ブラシで甲羅をこすってやると、カメって気持ちイイそうです。

ホンマかいな…、って思ってましたが、こちらに身を寄せるほどです。
これは面白いと言うことで、こすりまくってましたら、水中へと逃げて行ってしまいました。
なんでもコスリすぎはいけませんね(下ネタではありませんよ)。
画像

さて、梅吉さんの成長の記録です。
暖かくなってからは、カメフードの食いっぷりがグ~ンと増し、それに伴い当然体重もアップです。

カメって満腹中枢が無いとかいううわさも聞きますが、ここのところ肥満ですか?と言わんばかりに足の付け根あたりにプ二プ二感が出てきてます。
画像

前回、拾ってきたミドリガメが、お亡くなりになったことを記事にしました。
拾った道路付近を散策したところ、ミドリガメがうじゃうじゃいる川を発見。

これは捕獲したいと言うことで(懲りんヤツめ)、専用の仕掛けを作ることに。
上の写真がそのパーツですが、100円ショップで子供用の網状巾着を購入。
中にエサを入れて、川に投げ込めば捕獲できるだろうと言う作戦。

実はこの前日、土曜出勤が半日で終わり、虫取り網をもって2匹のグレムリンを連れてその川にカメを捕獲に行ったのですが、そこはさすがに野生のカメ。
かなりの警戒心で、やすやすと虫取り網のリーチ内に入ってくれませんでした。

そんなことで、エサで釣ったらいいのでは?と言う判断からワナを作ることに。
頭をひねって仕掛けを作り…、
画像

ジャッポーン!
ってな感じで、川に投入です。

巾着の口の部分は、リング状にした針金を通してカメが入りやすいように工夫。
網の中には、台所用品の三角コーナー用のメッシュに入ったエサを固定。

さらに、水中でバランスが取れるように網の中に小石を入れた上、ペットボトルでのウキをくくりつけました。
短時間での作業にもかかわらず、なかなか良い仕掛けが完成。

これでしばらくしたらカメが網にかかるはず。
そう思い、その川に流れ込む水路を何気なく見ていると…、
画像

なんだ、そんなことせんでも溝にいるやん。
って、ちょっとした苦労をあざ笑うかのような結末に。

ちょうどいい大きさのミドリガメを発見し、グレムリンBもご満悦。
「野生のカメだから、コイツを触ったら絶対に手を洗えよ!!」
って言い聞かせ帰路に。
画像

まずは昔の梅吉チビ水槽に。
寄生虫を警戒しての別飼い。

案の定、しばらくしたら小さなヒルのような虫が何匹か発見。
指でつぶして駆除。
画像

なかなかの警戒具合。
エサを投入しても一向に食べません。
そのうち食べると思いますが。
画像

甲羅に苔が付きまくりだったので、タワシでゴシゴシ。
頑固なほどにくっついていたので、全ては取れませんでしたが、まあそのうち取れるだろう。
ムキにこすっても甲羅が削れるだけっぽいです。
画像

おっと、身体測定をしておかなくては。
体重は44g。
まだまだコドモですね。
画像

甲長は64mm。
梅吉さんが我が家に来た当時の大きさの約2倍。

恐らく昨年夏に生まれたぐらいでしょうかね。
梅吉さんと同年でしょう。

さて、前回ですが、このミドリガメは特定外来種の指定になる、と記事にしました。
ミドリガメを飼うに当たり、リスクが伴う訳ですが、なぜまた飼おうと思ったか。

実は近所でもミドリガメをペットにしているお家が2件ほどあったんです。
「赤信号、みんなで渡れば怖くない」って思いつつ…、また次回。

2017年6月24日 AM4:34

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

東海のどら猫
2017年11月20日 06:08
最近、どうしていますか?

この記事へのトラックバック