#422 久しぶりにHOを走らせました。

画像

こんにちは。
って、言うかご無沙汰しております。
もう、こういった記事は書かないだろうと思っておりましたが、「文章を書く」という作業が少なくなりますと、頭の働きが悪くなる気がいたしまして、お恥ずかしい限りですが戻ってまいりました。

ただ、以前の様に毎週と言った更新はなかなかないかもしれませんが、極力更新回数を上げていきたいなと考えております。

遅ればせながら、上の写真ですが、私がHOに初めて手を付けた、いわゆるスターターキットです。
このGWに我が子(もうグレムリンと呼べなくなってしまうくらい大きくなってしまいましたが)に、久しぶりに走らせてるか?と聞いたところ、ノリノリだったため、昔を懐かしんで遊んだ次第です。

と言う訳で、記事公開は実に2年ぶり。
鉄道模型に関する記事に至っては、およそ2年半ぶりとなりますね。
画像

今回は2階の子供部屋で走らせました。
後々の記事で説明する機会もあろうかと思いますが、私の「ロフト」は現在、HOレイアウトは片づけられ、ただのゲーム部屋になっております(^^ゞ

そんな中、久しぶりに走らせたのはスターターキット内の 「DD51とコンテナ車」です。
ただ、いきなりはロクに走らないだろうと思い、我が子に手伝ってもらいレールの掃除を徹底的にやりました。

ウエスに無水エタノールを含ませ、レールを1本1本磨きます。
それと並行してM車の車輪を可能な限り磨きます。

私が鉄道模型から離れてしまった大きな理由の一つとして、こういったメンテが出来なかったことがあげられますね。
ロフト内にレイアウト出しっぱなしは、レールにホコリを堆積させ、走行に支障をきたしていたのです。

アパート暮らしの時は、遊んだあとは片づけをしていたので、車輛も含め綺麗な状態を維持できていたのですが、家を建てて大きなレイアウトが可能になったことにより、片づけ無しの横着スタイルになってしまったんですね~。
画像

その横着が思わぬ事態を招いてます。
分かりづらいですが、KATOのユニトラックのレールが反ってしまったんです。

所有している全てに対してではないと思いますが、レールの両端が上に向かって反り返ってしまっているのが散見されます。
ロフトの北側には窓がありまして、直射日光は入らないとはいえ、こういった形で、経年による不具合が見られました。
さらに…、
画像

満を持して購入した「165系」に至っては、ベンチレター部分が変色してしまいました(T_T)
これまた分かりづらいですが、ベンチレーターが茶色がかったように変色しています。

EF65なんかも、カプラー部分の「スカート」が灰色が薄茶に変色していました。
箱に仕舞った時点では、こんなことにはなっていなかったのが、2年以上の長い時間がこんな事態を生んでしまったようです…。

経年によるレールの不具合は、HOをやり込んでいた時から懸念していたことでしたが、まさかこんな早い年数で目の当たりにするとは思いませんでした。

長く運用するには、「エンドウ」のニューシステム線路が良いようですが、値段が高い上にバリエーションが少なく、好みのレイアウトに組み込めない欠点があります。

今回からのテーマとしまして、いかにレールのメンテを効率よく行うかの点と、M車の車輪のメンテも含めて深堀り出来たらと思います。

最終的に目指すところは、「復活!お父ちゃんのロフト」ですね(^o^)丿
次回以降は、以前と同じく「私生活編」も混ぜ込みながらの更新を予定しております。

高らかに宣言してしまって大丈夫か?と自問しつつ…、また次回

2019年5月5日 PM2:50

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

ひょうたん2号
2019年06月13日 19:48
 こんばんは、はじめまして。中々大変なようですね。本当に難しいかと思いますが、どうかご自身のペースを崩さないようにして、鉄道模型に取り組んでください。
 ご指摘のように、エンドウのニューシステム線路が良いようですが、目的に合わないようであれば、KATO製品の買い替え、あるいは他社製品の乗り換えも視野に入れなければならなくなるかもしれません。(トータルコストで見れば安くつく可能性は残されています。)車両に関しては使用しないときはなるだけシートまたは紙で覆うと車両自体の変色は多少とも防げると思います。(私の場合はそれで何とかなっています。)
やっちゃん
2019年06月16日 12:50
ひょうたん2号さん、はじめまして。
コメントありがとうございます。
おっしゃる通り、KATOの線路を買い換えることも考えた方が良いかもしれません。
しかしながら、なかなかのコスト高になりそうなので、ちがうやり方を考えてはおります。
記事にできるまでは時間がかかりそうですが…。
車輛に関しても、専用の入れ物を考えては見たのですが、結局買った時の「箱」にいれてます(^^ゞ

この記事へのトラックバック