テーマ:脱肛

お父ちゃん、がんばれ! 最終話

こんにちは。 ついにこの「お父ちゃん、がんばれ!」も最終話になりました。 長くに渡り読んでくださった方たちに、感謝いたします。 今回は最終話と言うことで、入院中携帯で自分の写真を撮ったのを思い出したので貼り付けてみました。 さて、長い入院生活も終わり無事アパートに帰ってきました。 「やれやれ一安心」と言ったところで…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

お父ちゃん、がんばれ! 第6話

普段の日常生活がすごしづらい事この上なしです。 人間がいろんな動作をするうえで、肛門に力を入れる事がこんなに多いとは思いませんでした。 「くしゃみをする時」、「立ち上がる瞬間」、「ビックリした時」、もちろん「ウ○チの排泄」も…。 それらの瞬間、手術後の肛門に激痛が走ります。 尾てい骨の注射針を取ってからは、麻酔の保護が無…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

お父ちゃん、がんばれ! 第5話

「こ、この痛みを我慢しなければいけないのか?しゃ、シャレになって無い!!」 麻酔が切れると、その痛みは想像を絶するものがあります。 麻酔は回数を重ねる毎にちょうど30分その効力が短くなります。 しかも、麻酔を使う間隔は、最低2時間以上の「間」を開けないと次は使えません…。 体の中心の痛みは痛烈なものがあります。 頭痛、腹痛…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

お父ちゃん、がんばれ! 第4話

目が覚めるとベッドに横たわっているのに気づきます。 「…そうか。手術終わったのか…」 時計を見ると、それほど長くは眠っていなかったようです。 ちょうど看護婦さんが入ってきます。 「それでは手術後の注意点を説明しますね」 紙おむつの説明、食事の説明などいろいろされたかと思います。 「あの~、タバコ吸いたいときは…。喫煙…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

お父ちゃん、がんばれ! 第3話

「じゃあこちらのベッドに移りますね~」 私は手術室のベッドに移され、うつ伏せにされます。 周囲はいろんな器具が並んでいます。 手術がはじめてな私は、もうろうとした意識の中、周りの様子を観察します。 私の体には血圧測定のモノなのか、何か取り付けられます。 いよいよです。 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

お父ちゃん、がんばれ! 第2話

肛門には 静脈叢(じょうみゃくそう)といって静脈がたくさん集まって肛門の中を内側(直腸側)と外側(出口の側)の二重に取り巻いています。これらの静脈はもともと収縮していますが、排便のとき息むと少しだけ血液が流れ込んで膨らみ、便が通るときのクッションの役割をしていると考えられており、便が終わると収縮します。ところが便秘で硬い便を出すとき…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

お父ちゃん、がんばれ! 第1話

今から10年ほど前。 ちょっと前の住んでいた「アパート」は、当時私たちが同棲と言う形で住みはじめていました。 ちょうど年末を迎えていたこともあり、新しい生活にわくわくしていました。 ですが、アパートで同棲を始め、やはりと言うか価値観の違いや、仕事のストレスなんかで精神的に負担を抱え始めていました。 ある日のこと、朝仕…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more